ありへいとうの歴史

有平糖の断面イメージ 有平糖の断面イメージ 有平糖の断面イメージ

【ありへいとう】は16世紀中ごろ安土桃山時代にポルトガルから伝わり、金平糖等と一緒に南蛮菓子の一つとして大名に献上されて当時の上流階級等に食されたと言われています。
その後は京都や江戸の茶道で用いられる高級な飴を有平糖と呼ぶようになり、現在まで伝えられている日本の伝統的な飴菓子です。

有平糖の製造過程

有平糖 利喜

素材本来の風味を大切に砂糖は北海道産「甜菜糖」を、黒砂糖は沖縄産「黒糖」を使用し IH(電磁式)あめ煮釜で高温に煮詰め、極限までに薄く延ばしてサクサク!の食感に仕上げています。
黄粉や黒胡麻、抹茶など日本古来からの伝統的な原料をはじめ、珈琲、カカオなど西洋の素材も取り入れるなど、お子様からご年配の方まで老若男女の健康と心に優しい「ありへいとう」
一つ一つ丹精込めてつくり上げた飴職人の匠の味をぜひ皆様でお楽しみ下さい。

PAGE TOP